ウィンタースポーツを二倍楽しむ便利グッズ&アイデア

>

あなたにぴったりのスポットはどこ?冬のレジャー地情報

忘れる人が多い!?目元を守る

ゲレンデに行くとき皆さんは何を持っていきますか?
スキー板やスノーボードなどはもちろんのこと、スキーウェアや帽子、手袋はパッと頭に思い浮かびますよね。
しかし、案外持っていくのを忘れてしまうのが「ゴーグル」なんです。

確かにゴーグルなしで滑ることもできるのですが、山やでゲレンデでは天候が変わりやすいもの。
つい先ほどまで晴れていてもすぐに吹雪いてしまうなんてことも。
そうなってしまったら、雪が目に刺さるように降ってきて、ゴーグルなしでは滑り切れません。
さらにゴーグルは晴れていても太陽光を防いでくれる優れものです。
終日晴れの予報でも必ず持ち物に入れておくと安心ですね。防寒しにくい顔もゴーグルで守って暖かく滑りましょう!

あったかタオル使用術

ヒートテックに厚手のセーター、ソックス。
スキーウェアやウィンドブレイカーの下には実にいろいろなものを寒さ対策のために身に着けていますよね。
もうこれ以上暖かくできない…。
そんなことはありません!
タオル一枚で暖かさの底上げが出来るんです。

用意するタオルの大きさはスポーツタオルがベストです。
それを背中の肌着の下に入れましょう。
はじめは違和感があるかもしれませんが、時間がたつにつれてだんだん慣れて、スポーツを終えるころには背中にタオルが入っていることを忘れるほどです。

気温が低いので気がつきにくいですが、ウィンタースポーツをしているときも汗をかいています。
汗が冷えて体も冷えるなんてことの対策にもこのタオル使用術はおすすめで、すぐに着替えられないときはこのタオルを背中から抜けばそれでOKです。
終わった後も体を冷やさないお役立ちアイテムです。


この記事をシェアする